読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然雑記   3月24日

8時過ぎセブン。市民センターへ寄り~市役所へ・・・。9時半、会派会議・・・。

10時より、3月議会の討論採決・・・緊急質問が副市長の件であった・・。

原発とは別に、2つの特別委員会=「新庁舎建設に係る特別委員会」と交通弱者やバス路線等の取り組みを顕彰するため「交通弱者対策に係る特別委員会」が設置された。閉会後も、必要に応じて目的達成のため開かれる事となる。

岡本副市長より、3月いっぱいをもって退任するとの挨拶があった。副市長には、ここ2年間精力的に働いて頂くと同時に、市内もくまなく回られ、頭が下がる思いだ。出来れば、今後の課題解決のためにも今しばらく残ってほしかった。これをご縁に、唐津のことを宜しくお願い申し上げたい! 

唐津市公平委員会委員の就任の挨拶と農業委員会委員の方々の挨拶があった。

モーターボート競走事業管理者には、日下現ートレース部長が選任された。

最期に委員会等の写真撮影があった。1時半、終了後自宅へ、母を病院に連れていく準備して、弟がくるのを待ち、3時ごろ市民病院へ、午後過ぎてはいたけど、診察を受けるまで、1時間ほどかかった。骨折の可能性があるとの主治医の判断で、レントゲンを撮ることになる。幸いにも今日は、済生会病院より、整形外科の先生が来ておられたので良かった。診断は大腿骨の付け根から骨折、2~3日前から急に立てないと言い出したのはそれが原因だった。すぐに、5時過ぎ済生会へ入院することになる。弟に付き添いを頼み、自分の車で、済生会へ、幹事長に電話で議運の集まりへの欠席を連絡。~弟を帰し、集中治療室の前で待つことになる。色々書類書きがあった。典朗と沙也がくる1時間ほどして、母と面会。担当医の方から、今後の治療方針について話がある・・・。俊光がくる。7時半過ぎ、沙也たちを帰す、治療室の外の待合室でしばらく待つ、8時ごろ、SEK挨拶に行きすぐ戻る。9時半過ぎ帰宅・・・。

森友学園の件~予算委員会でも外務委員会でもそのことを野党はとりあげ、まさにスキャンダル追及の国会。確かに大きな問題だから、国会による審議は必要なので、その件に関した特別委員会などで十分議論し解明に努めるべきだろうに・・・。

予算委員会は、地方の経済などまだまだ厳しい、どう改善して地方の創生を進めていくのか、少子化や高齢者対策等々山積する諸課題、福島の現実等々国家的諸課題について野党はしっかり議論をしてほしいものだ。

外務も、北朝鮮は、ミサイルや核の開発に対しどうするのか中国とどう向き合っていくのかロシアとの関係等々、山積みの課題がある本論を議論してほしいものだ・・・。