読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然雑記       10月7日

朝8時半、ファミマ~ 9時過ぎ控え室。  9時半会派朝礼・・・。

10時より、分科会の現地調査・・。

唐津赤十字病院跡地(二タ子)今後利活用の予定地(南病棟)。~H30年度をめどに、唐津市歯科口腔保健センター整備予定。整備内容~休日救急歯科診療所(高度歯科診療設備を整備)研修会等が可能な大会議室・地域連携室(食育など歯科衛生士等が連携)・指導コーナー・運動室・会議室などが予定。

               他に青少年支援センター・授産施設・健康広場などが整備される予定だとか。

実施予定事業~ 休日救急歯科診療・障がい者,要介護高齢者などへの歯科診療・離島歯科検診診療・2次医療及び高度歯科診療・災害時歯科医療・歯科医師,歯科衛生士の資質の向上等々、具体的な事業については歯科医師会と検討していくとの事。

唐津市墓地公園納骨堂~無縁仏や引き取り手などない遺骨などを10年程度一時預かる。

無縁仏を預かる場所については、数年前からの課題だったが、やっと整備することができた。欲を言えば、もうちょっと大きくてもよかったのに!

11時すぎ、委員会室へ戻る。

12時過ぎ、オデカフェのパスタ~1時控え室へ戻り雑務・・。

交付金の資料つくりや慰霊祭の資料の思案

3時より、上場土地改良区合同部会、差し押さえの件等々・・

5時より理事会、人事の件、副理事長に松本弘副組合長の就任が決まる。

6時より、すぎ山で副理事長の歓迎会・・・。~さなえ~・・9時帰宅。

政務活動費「あと払い制」が注目を浴びているとか?立て替えるだけの報酬がある所はいいよなぁ~。大事なことは使い道の透明化と使い切るといった意識はやめることだと思うけど。

📺~世界の大気汚染ワースト1は、中国で(年間約100万人の人が亡くなっているとか)、2位がインド、3位がロシアだとか。 

中国からのPM,2,5日本にも1年中飛んでくる。澄み切った大気の青空は見ることが少なくなった。大気が薄く霞がかかったようにに見える。

大気汚染物質も色々ある。主な物は,SOx硫黄酸化物は、気管支炎やぜんそくの原因となるとか。NOx窒素酸化物は高濃度になれば、のど・気管・肺などの呼吸器系に悪影響があるとか。 Ox光化学オキシダントは、目の痛みや吐き気・頭痛などを引き起こす要因になるとか。PM粒子状物質は、呼吸器疾患やがんのどとの関連がるとか。

SP浮遊粒子物質は、呼吸器に悪影響を与えるだけでなく、がんや花粉などのアレルギー疾患との関連指摘されているとか。 

PM2,5微小粒子状物質は気管支や肺の奥深くまで入り易く、呼吸器疾患だけでなく肺がんを引き起こす可能性があるといわれているとか。中国からやってくるPM2,5は、他の物質より粒子が細かいので、気管支や肺の奥まで入り易く、呼吸器疾患だけでなく肺がんなどを引き起こす可能性があるといわれ、一番質の悪い大気汚染物質、おかげで、きれいな大気を吸う事が出来なくなってて来ている。

煙草の屋外などでの受動喫煙がやかましく言われるようになってきているが、タバコの煙で空がかすむことはない。日常的に皆吸っている、大気の汚染物質のことは騒がない。特に今ひどいのは中国からのPM2,5、遠くの山々がかすんで見えるような日々はよくある事。おそらく、特に西日本に住む人は,呼吸器の奥深くまで汚染されている人も多いのでは・・。国民もマスコミもあまり話題にしない。様々な市民団体もこういった大気汚染のことは言わない。煙草の受動喫煙のことはうるさく言っても・・・。

もっと物事の本質的な所を見つけるべきだ!本来の要因はその辺にあるかもしれないのに。 肺がんが増えたといわれど、今煙草を吸う人たちは、20年前の半分以下を大きく下回っている。でも肺がんの患者はここ10数年急激に増え続けている。一部には今の肺がんの要因はタバコとは関係ないという人もあるが、そんな声は打ち消されてしまう。 肺がんが本質的に増えてきた原因を明らかにすべき。 排気ガスのあるし?

煙草もにおいが嫌な人もおられるから、分煙化の徹底と、喫煙マナーは必要だろう。

煙草のフィルターを煙や有害物質を吸着するものにしたらいいのに・・・・。