読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然雑記    8月26日

朝、8時セブン、8時半過ぎ控え室。 9時より観議連13名?で「唐津まるごとマーケット2016」の会場へ、10:45オープニングイベント挨拶。11時より会場入り口で、会場案内パンフレットを配布!12時まで、~昼~会場内で何か所か回って色々飲食する。そのあと15分くらいパンフを配り、1時半会場を後にし3時前に市役所に戻る・・。控え室~しばし雑務・・・。議員は13,4名が参加・・。ちょっと少なかった。

4時半過ぎ、市民センターへ、放課後児童クラブ周囲の防犯灯の件等で・・。5時より、ま出の倉庫へ駐在員さんと映画のセットの見学、遠巻きに見せていただく。今後,地元としての協力をしていただくためにも。5時半過ぎ、なかよし村~自宅。

6時路へ、唐津焼の里映画祭の久々の集まりへ、脚本家の井手俊郎の甥井手一平さんを迎えて、川端康成原作井手俊郎脚本の映画「古都」を鑑賞後、食事をとりながら懇親会~10時過ぎまで、北波多に残る井手俊郎邸には、大林監督も唐津に来られた時、訪ねてこられたとの事。当然戦後の映画の脚本家としては著名な脚本家井手俊郎とも面識はあったようだった。

北朝鮮は、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射実験~脅威は増すばかり、日本も潜水艦発射迎撃ミサイルを考えるべきだろう。

しかし、こういった北朝鮮の動き、中国の東シナ海南シナ海での動きに、安保法制反対と叫んでいる人たちからは非難の声は聞こえてこない・・。亡国を望んでいる人たちだから 仕方ないよという人もいたな? 自国は自国民で守るのは当たり前の事、誰も守ってくれない。 永世中立国のスイスは、確か、国民皆兵だったよな・・・。